QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エキシビ IN Moscow


(ニュース映像はこちらのsportbox.ruからの借り物です)

2月24日にモスクワのルイジニキで、チャンピオンたちによるエキシビが行われたそうですよ。私は残念ながら行けなかったんですけど。行きたかったな~。その時の様子は上のニュースの映像でご覧になれます。しかし、彼らはその日にソチから到着して、空港から直接会場に向かったそうですが、登場したのは開演3時間後だったとか(一体何時に開演だったんだ?)。トリノ五輪アイスダンス金メダリストのコストマーロフとナフカが登場したり、ロシアの17歳男子コフトゥンも滑ったりしたそうです。司会は夫婦である女優のザボロトニュークとロシア出身でソルトレイク五輪のアイスダンスのアメリカ代表だったチェルニショフ(パートナーはナオミ・ラング)。この2人は1月に第一チャンネルで放映されたプロ・フィギュアの対抗戦の司会もしていました。ソチ五輪のエキシビに出ていた人たちは基本的に同じプログラム、もしくは自分のショートプログラムを滑ったようですね。
スポンサーサイト

本の紹介その2



私が小学生だったか中学生だったか、まだ親に頼んで本を買ってもらっていた時代に、ハードカバーの新刊として買ってもらった本が最初でした(翻訳は岩谷時子さん)。その時は児童向けの童話なのに挿絵が一枚もない本として宣伝されていて、それは作者のアンドリュースが、読者である子供たちに想像してもらいたいからだ、とのことでした。こちらの、青柳さんの翻訳したものは2008年に新しい翻訳で再発売されたものです。今読んでも、わくわくしますが、その気持ちを持ち続けられるかどうかはちょっと自信がないなあ。興味のある方は読んでみてくださいね。

ソチ五輪閉会式

ソチ五輪閉会式
(写真はこちらのSportbox.ruからの借り物です。)

いやー、17日間のスポーツの祭典も終わりましたね~。開会式で五個目の輪が開かなかったことを自虐ネタにしたパフォーマンスには笑っちゃいましたが。開会式で使ってもらえなかったショスタコービッチの曲も使われていたし、なかなか良かったんではないでしょうか。

バレエ部分ですが、開会式に比べると知名度の低いダンサーたちでしたね。ボリショイからデニス・ローチキン(金の奴隷役)、マリア・セメニャーチェンコ(瀕死の白鳥役)、マリインカからユーリィ・スメカーロフ(ディアギレフ役)、何回再放送を見ても確認できなかったアントン・コルサコフ(薔薇の精役)、火の鳥役はコレゴワだとか?あと、アンナ・パブロワ役はまだワガノワ・バレエ学校生クセニア・シガンシナだそうです。ロシア人の知り合いのおばちゃん、情報ありがとう~。それでも、ぞベイダが誰だか不明なままですが、まっ、いいか。名前聞いても知らなさそうだし~。

その後の作家の部分も興味深かった~。作家になりきった俳優たちが面白い。ゴーゴリさん、女の子に色目使ってたし。。。ロシアはやっぱり文豪~!プーシキン、ツルゲーネフ、ドストエフスキー、チェーホフ、トルストイ、マヤコフスキー、エセーニン、ソルジェニーツィンまでいましたね。あ、あとアフマートワもいたっけ。たくさん空中に舞っていた紙をどうやって回収したのか、知りたかったです。

そういえば、郵便局の顔見知りのおばちゃんが「閉会式で中国人だか日本人だか、きれいな鶴みたいな踊りしてなかった?」って。おばちゃん、それ次の冬のオリンピック開催地の韓国人だから。ロシアの一般人にとったら、次の五輪がどこでやるかなんて、興味ないのかも。

中華レストラン「チャイナ・コーヒー」

CC01
ボリショイの近くのカメルゲルスキー・ペレウーロク(スターバックスのある通り)のチェーホフ記念俳優座劇場の右横の通路の奥のガラス張りの階段を3階まで上がったところが入口です。平日の昼間はビジネス・ランチ(300ルーブル)があるんだけど、それぞれ3-4種類の中から選べる前菜とスープとチャーハン、または焼そば+飲み物で、順番に出てくるから、最後がチャーハンだけとかになっちゃって、ちょっと不満。我々は女性2人で、更に追加でギョーザを一皿頼んで、お腹がとりあえず満足したかな、って感じなので、男の人だったら、ビジネスランチだけだとちょっと物足りないかも。

CC02
もやしの前菜

CC03
チキンヌードルスープ

CC05
チャーハン

CC04
追加で頼んだギョーザ240

チャイナ・コーヒー

Камергерский пер.,3А


View Larger Map

フィギュア・エキシビジョン


(映像はこちらのSportbox.ruからの借り物です。ロシア2チャンネルの放送の物で、全編153分間見れます)

本来であれば、4種目の1位から5位までの人たちが出るエキシビですが、今回は招待として、ロシアのこれから活躍するであろう若手たち(ジュニアでメダル取ってる子たち)と高橋選手、浅田選手も出演しましたよ~。

エキシビだからと言って、特別なことをやる人もいれば、きれいな曲でしっとり滑る人もいました。おちゃらけ組はカナダのペアとスペインのフェルナンデス。フェルナンデスのはちょっと長めで、途中飽きちゃいましたが、それでも難しいジャンプとかひょい、って入れてて怖いやつだ~。

ロシアでは、生放送で第一チャンネルが放送し、その後、夜中からスポーツ専門チャンネルのロシア2でも放映していました。しかし、第一チャンネルのアナウンサー!「手元に資料がないですが」と言いながら、町田選手に付いて「まだ20歳にもなっていない新しい選手です」だと。一緒にコメントしていたスルツカヤも何も言わないし、ダメだよ~。資料手元に持って仕事しろ。このアナウンサーは、曲も一杯間違えたし、ダメダメでした。

アイスダンス銅メダルのイリイヌィフ・カツァラポフ組はロシアン・ポップスのフィリップ・キルコーロフナースチャ・ペトリクのデュエット「雪(Снег)」で滑りましたね~。そしてペアの金メダルのボロソジャール・トランコフ組もロシアの美空ひばりことアーラ・プガチョワとその娘のクリスチーナ・アルバカイテのデュエット「再び吹雪(Опять метель)」でした。これはロシアの有名な映画のサウンド・トラックです。ちなみにアーラ・プガチョワとフィリップ・キルコーロフは18歳の年の差にも関わらず(女性が年上)94年から05年まで結婚してたんですが、その後離婚し、なんとアーラはさらに27歳年下のマキシム・ガールキンという芸能人と結婚し、昨年秋には代理母出産で双子の母になっております。ロシアってすごいわ。ああ、最後にはロシア芸能界ネタになっちゃったよ(笑

ショール「Citron」

2
先日こちらのRaverlyというサイトに登録しまして。英語なので、かなり厳しそうだなと思って、ずっと見てただけなんですけどね。勢いで登録しちゃったので、後は編むだけだ、と思い、オリンピック開会式開始と同時に編み始めて、期間中に編み上げるというプロジェクトに参加しました。そこで編んだのが、「Citron」という名前の半円型のショールです。最初の編み始めがちょっと難しかったけど、まあ、そこをクリアしてからは、がんがんと編み進んで、結局10日間くらいで編みあげました~。久しぶりだわ、編みもの。

5
で、編み上げてから、ブロッキングという作業をしたのですが、(編み上がったショールを水につけて、ピン打ちして形をキープするための作業)ピン打ちする場所がなかったので、大きなフェルトを買ってきて、そこにピン打ちしました。こんな感じです。途中でニカちゃんが様子を見に来て、乗っかるかな、と思ったら、匂いだけかいで逃げて行きました。何なんだよ。

3
乾いてから着画写真を撮ろうとしたんですが、一人では難しかったため、モデルさんに協力してもらおうとしたら、嫌がられたため、こんな写真しかありません…。

しかし、この編み図、最後にセクションを増やしたせいもありますが、最後の方は延々と1000目超えの表編みと裏編みの繰り返しで、何かの罰ゲームかよ?って思っちゃいましたよ~。

フィギュア女子結果


女子メダル授与式の映像。リプニツカヤの演技の途中でアベルブフが写るのは、彼女が滑ったのが彼が作ったプログラムだから。(映像はこちらのSportbox.ruからの借り物です)

五輪の歴史上、ソ連時代も含めて、初めてフィギュア女子シングルでロシアが優勝しました。しかも団体戦で話題になった15歳のリプニツカヤではなく、団体戦のメンバーから外されて奮起した17歳のソートニコワでした。私は元々ソートニコワの方を応援していたので、とっても嬉しいです。日本人選手の結果は残念でしたね。でも、真央ちゃんのフリーは生放送で見ていて、感動しました。着氷で2種類減点されたらしいですが、それでも6種類の3回転ジャンプを8回も飛んで、全部ちゃんと降りているなんて、凄いです~。

前回のバンクーバーの金メダリスト、キムヨナは2位でした。80年代に活躍したドイツのカタリーナ・ヴィットが採点に文句を言って、「金メダルはヨナ」と言っていたらしいですが、基礎点を見たら、キムヨナよりもソートニコワの方が4点も高いらしいので、しょうがないですよね。今の採点方法で80年代に採点されていたら、ヴィットはどれだけ表彰台に上がれていたのか、謎ですし。

イタリアの大ベテラン、カロリーナ・コストナーが銅メダルだったのも嬉しいところ(28歳で大ベテランと言われてしまうフィギュア界…。まあ、日本人選手がミスなしでショートを滑っていたら、この人の銅メダルもなかったかもね)。以前はジャンプが演技の流れを断ち切るような感じだったけど、最近はそれもなく、あまり転ばなくなったし。

アメリカの女子も頑張っていましたが、メダルには届かず。でも、皆若いので、これから女子もメダル争い大変ですよ~。あ、アメリカの15歳のポリーナちゃんはお母さんがトベリ出身のロシア人で、本人はロシア語は聞いたらほとんど分かるけど、しゃべれないのだとか。他にもアメリカのペアのサイモン・シュナピアも1歳の時にロシアから両親とアメリカに移住したのだとか。彼はロシア語ぺらぺらだそうです~。スウェーデンのマイヨーロフも両親ともにロシア人で、父親がスケートのコーチ(ヤグージンの最初のコーチらしい)で、スウェーデンに移住したのだとか。まあ、彼なんかは2重国籍保持者みたいですけどね、多分。さー、エキシビジョン、楽しみだな~。

こんなもん見つけました、スーパーで。

焼そば
写真の下の数字はルーブルでの値段です。約3倍で円の金額になります。

最近モスクワ市内のスーパーで、こんなインスタント食品を見かけます。「焼きそば」って書いてあるけど、試してないので、本当に焼きそばなのかどうかは不明。味は2種類で赤い方が「照り焼き味」、緑の方は「焼き鳥味」だそうです。どなたか試した方がいらっしゃったら、感想を教えてください!

アイスダンスはアメリカ・ぺアが優勝


アイスダンスンのフラワー・セレモニーの映像(こちらのSportbox.ruからの借り物です)

アイスダンスは前回のバンクーバー五輪の銀メダリスト、アメリカのデイビス&ホワイト組が優勝しました。銀メダルは同じく前回の金メダリストのカナダのバーチュー&モイアー組。銅メダルに輝いたのは、ロシアのイリイヌィフ&カツァラポフ組でした。

この上位2組は4年前から、交互に世界選手権でも1位と2位を取っていて(ここ2年くらいはアメリカ・ペアの調子が良いみたい)、その2組にどこまでロシアが迫れるか、って感じでした。実はロシアは5位にもボブロワ&ソロビヨフ組が入っておりまして。私はこちらの組の方が上に行くのでは、と思っていたのですが、若手の方が調子が良かったですね。イリイヌィフ&カツァラポフ組の振付家はニコライ・モロゾフですが、同じくソチ五輪で優勝したロシアのペアの振付家も彼ですね。優勝請負人?

バンクーバー五輪では、フィギュアでは男子の銀メダルとアイスダンスの銅メダルしか取れなかったロシアですが、3種目終わった時点ですでに3個、プラス団体の金メダルも取ってます。女子はどうですかね~。

さて、日本チームが出場していないので、興味のある方は少ないかと思いますが、男子のアイス・ホッケーでロシアは準々決勝でフィンランドに3-1で敗退しました。。。ロシア人の落胆ぶりが凄かったんで、つい、ここで紹介することに。ロシア語のページですが、興味のある方はこちらをどうぞ。国旗の下に得点した選手の名前が書いてあって、その右側の矢印をクリックすると得点シーンが見れます。あー、残念!

ツィスカリーゼのファンの集い IN ゼリノグラード

ニカ1602201401
ゼリノグラード文化会館

突然2月15日(土)に知り合いのロシア人のおばちゃんから電話があり、「明日ゼリノグラードでニコライのファンの集いがあるけど、行くわよね?」と。ゼリノグラードはモスクワのレニングラード駅から近郊列車で約1時間かかるところです(行政区的にはモスクワ市内)。しかも、会場のゼリノグラード文化会館は鉄道駅からさらにバスに乗らないといけないらしい。

ニカ1602201402
会館の入り口にはこんな告知も張り出されてました。

ニカ1602201403
7か月ぶりに見るニコライ氏。ニュースとかでお姿は拝見するものの、お元気そうで良かったです。しかし、良く見ると腹が…。足は細いんですが、西洋人にありがちな、樽体型への道を歩み始めているようです。が~ん…。「レッスンしてますか?」の質問に速攻で「ニェット!(いいえ)」と答えてましたからね。しゃーないか。

一番好きな演目は「眠りの森の美女」だそうで。二幕から出ればいいから、時間が短いからなのか?(それを言うなら白鳥も踊ってる時間は20分間くらいだけどね)「一番好きなパートナーは?」の質問には答えず。「なんでソチ五輪開会式に参加しなかったんですか?」の問いには、「ソチをアピールするビデオにも出演したし、マスコットを選ぶ番組にも参加したし、バンクーバーの閉会式でも踊ったし、開会式当日に聖火リレーにも参加したので十分」だとか。

1回の休憩をはさんで、約2時間半程度、お話と質問の紙に答えて、後は映像を見せてくれました。とにかく今はワガノワの校長代理の仕事で大変、「僕はペテルブルグではなく、(ワガノワ・バレエ学校の住所である)ロッシ通り2番地に住んでる」とのたまっとりました。まあ、お体に気を付けて、頑張っていただきたいものです。

当日流した映像(順不同)
「ジゼル」2幕のバリエーション
「くるみ割り人形」2幕のバリエーション
「ライモンダ」3幕のバリエーション
「カルメン・ソロ」全部
「堕ちた天使」(エイフマン振付)全部
「バヤデルカ」2幕より(ガムザッティ:マリア・アレクサンドロワ)

ニカ1602201404
この写真の二重あごの部分と腹の部分、かなりなショックなんですが…。

羽生君、金メダルおめでとう!


(映像はこちらのSportbox.ruからの借り物です。最初と最後にコマーシャルあります)

素晴らしいことに、日本のフィギュア界で初めて、男子のシングルの金メダリストが誕生しましたね~。今シーズンのショート・プログラム(実は2シーズン連続同じもの)、好きだなあ~。

しかし、ロシアのマスコミは1枠しかなかったロシア代表のプルシェンコが昨年初めに手術をした腰に痛みを感じたために、フリーの演技直前に棄権したことから、かなり辛口の報道となっています。

「羽生は最初の4回転だけでなく、3回転フリップも転んだ。その後のチャンもこんなに転んでいる。それだけではない」とコメントが入り、ロシアの有名なコーチの息子でスウェーデン代表で出場したマイヨーロフのコメントやフランス代表のジュベールのコメント「ミスなしで滑ったら羽生が勝つだろう」を紹介。2分49秒あたりで、チャンの点数を見て、自分が勝ったことを知った羽生君の反応を紹介(最初は日本語だけど、その後英語でびっくりしてる。凄いなあ)。最後には「表彰台の上は、日本人、中国系カナダ人、韓国系カザフ人の3人のアジア人だった」としています。

3位だったデニス・テン、14歳くらいの時から知ってましたが、去年の世界選手権で銀メダルだったとは。フランク・キャロルコーチについて、ぐんぐん才能を伸ばしている感じですね。チャンは今シーズンはグランプリ・シリーズでも調子が出ない感じだったので、妥当かな~。スケーティングの美しさは彼が一番だと思いますけど、点数には関係ないからね。

アイスダンスと女子シングルが残ってますが、どうかな。アイスダンスはアメリカとカナダ代表の一騎打ちだろうし、そこにロシアがどこまで食い込めるかですね~。フランスとかイタリアも結構頑張ってるし。女子はキムヨナと真央ちゃん、それにリプニツカヤですかね。ユーリャ、顔に性格出てるよ。怖いよ(笑)。ロシアのもう一人の代表、ソートニコワの演技も好きなので、何位に入れるか、注目してます。それと、鈴木明子!がんばれ~。

ドストエフスキーの家博物館

ドストエフスキー01

ずいぶん前ですが、「ドストエフスキーの家博物館」に行ってきました。ドストエフスキーはモスクワ生まれで、大学に入るためにサンクト・ペテルブルグに行くまで、このクリーム色の建物に住んでいました。この建物は以前貧困者のためのマリインスカヤ病院の北翼でした。この昔の病院の建物は、今でも医療関係が入っていて、そちらには近寄れないようになっています。

行ってみたのはいいのですが、中は暗い感じで、一緒に行った友人は嫌ーな感覚が拭い去れないので、二度と行かないと言っていました。

威張るわけではないのですが、私は実はドストエフスキーの作品は1冊も読破したことがないので、あまり思い入れがありません。しかし、日本人にはかなり人気のある作家らしいので、とりあえずご紹介しますね。

ドストエフスキー04
入り口はこちら

ドストエフスキー03
「ドストエフスキーの家博物館」と書かれたプレート

ドストエフスキー02
病院の建物の中庭に立つドストエフスキーの銅像(近寄れません)

ドストエフスキーの銅像は、モスクワの国立図書館の前にもあります。そちらは背中を丸めて座っているものなのですが(今は写真がないので、今度紹介します)、どっちも暗い感じですね。

ドストエフスキーの家博物館」(ロシア語)

住所: 103030, Москва, ул. Достоевского, 2
行き方:地下鉄「ドストエフスカヤ」が最寄駅。「ノヴォスラボツカヤ」、「プロスペクト・ミーラ」駅からは7番のトラムに乗ると「ドストエフスキー通り」という停留所が目の前です。
開館時間:火曜日、金曜日、土曜日、日曜日の11時から18時まで。チケット窓口は17時半まで。
水曜日、木曜日は13時から20時まで。チケット窓口は19時半まで。
月の最終月曜日は閉館します。
電話: (495) 681-10-85


大きな地図で見る

ロシア・ペア、金銀メダル!

ペア
(写真はこちらのSportbox.ruからの借り物です)

フィギュア・スケートの種目別のペアで、ロシアのボロソジャール&トランコフ組が金、ストルボワ&クリモフ組が銀メダルを取りました!3位はドイツのペアでした。

私はこのボロソジャール&トランコフ組のショート・プログラムの「仮面舞踏会」が大好きなので、大変嬉しいです~。ストルボワ&クリモフのフリーも好きですが。

面白いのは、1位と3位の女性はどちらもウクライナ出身で、元々友達で、フェイスブックだか、コンタクトでも友達登録をしていたのに、五輪前にお互いを削除してしまって今では口も利かないとか。ははは、単にニュースで言ってただけなんで本当かどうかは不明ですが。

何はともあれ、おめでとうございます!

Starlite Diner

スターライト

久しぶりにスターライト・ダイナーに朝ごはんを食べに行きました。
ここはアメリカーンなご飯を食べたい時には良いですよ~。
写真はキノコと野菜とチーズのオムレツと付け合せのじゃがいも、トーストとジャムです。これにお代わり自由のコーヒーが付きます。

市内に5か所お店がありますよ。私が行ったのは、地下鉄のマヤコフスカヤ店です。アクアリウムという公園の中にあります。向かい側は劇場です。

スターライト・ダイナー

Starlite Diner
Большая Садовая, 16 (сад "Аквариум")
+7(495)650-0246


大きな地図で見る

フィギュア団体戦でロシア初勝利!

176758
(写真はこちらのスポルト・エクスプレス紙のサイトからの借り物です。皆凄く嬉しそうだ~)

ソチ・オリンピックで初めて採用された競技の一つ、フィギュアの国別対抗団体戦の初代金メダルにロシアが輝きました~。素晴らしかったですよね。日本ではどれだけ演技が放映されたのか不明なのですが、ロシアでは参加者全員の演技をすべて放映していました。

そして、それを最初から最後まで見てたのは私でございます~。疲れた~。ヨーロッパ選手権とかも見ていたので、ヨーロッパの選手の調子とかは知っていたのですが、アメリカ、カナダ、中国は今シーズン初めて見る選手とかもいて、興味深かったです。これから各種目に分かれての通常の試合があるので、もう一回見れるのも嬉しいですね。

日本は決勝進出した5チームの中で最下位でした。羽生君がプルシェンコを抑えて男子SPで1位だったのに、残念~。やはりペアとアイスダンスもそれなりに強くないと、厳しいですね。日本でも、日本選手だけではなく、上位の他国の選手の演技も放映してくれると、もっともっとペアやアイスダンスの魅力が伝わると思うのですが、いかがでしょうか~?視聴率の問題があって難しいのかな。

ツィスカリーゼ、聖火ランナーとして走る!

993663499
(写真はこちらのリア・ノーボスチのページからの借り物です)

ニコライ・ツィスカリーゼ、本当に五輪聖火ランナーとして、ソチで2月7日の開会式前に市内を走りました。このリア・ノーボスチ通信社の記事によると、常にフィギュア・スケートの結果はチェックしているとのこと。そして、聖火を持って走ることは「簡単だったよ。ちょっと心配だったけど」と。そして、「自分が走った部分が聖火台への道の一部になって幸せ。これから開会式に行きます。」とのことでした。

本当に幸せそうな顔して走ってますね!なんか、こちらも嬉しくなっちゃいました~!

ソチ五輪始まる

ソチ01
(写真はイタルタス通信のこちらのページから拝借)

2月7日(金)現地時間20時14分から、第22回冬季オリンピック・ソチ大会の開会式が始まりました。開催国の、しかも時差のない地域に居るので、時差ナシでTV放映が見れるのは嬉しい。特にロシアの場合、結構どの競技もまんべんなく放映してくれるので(まあ、どの競技にも出場してる選手がいるから、ロシアの選手を放映する必要があるから、なんでしょうが)、日本と違って、色々な競技が見れるのもいいです~。

日本では放映もないんだろうな~と思われる、バイアスロンとか、ロシアでは見てると人気ありますよ~。

ま、モスクワの私の周りでは何も盛り上がってなくて、単にスポーツ観戦好きな人が喜んでTV見てる感じ?あ、それは私か(笑)

開会式ではバレエのパートももちろんあって、「戦争と平和」のナターシャの初めての舞踏会の場面だったみたいですが、スヴェトラーナ・ザハロワ、ウラジーミル・ワシーリエフ、アレクサンドル・ぺトホフ(以上ボリショイ・バレエ)、ダニール・コルスンツェフ(マリインスキー・バレエ)、イワン・ワシーリエフ(ミハイロフスキー・バレエ)がソリストとして参加してましたね。それとは別にヴィシニョーワも出演してました(白鳥の湖の音楽の時)。

これから17日間楽しませてもらいます~。

ツィスカリーゼ聖火ランナーに!

2494341
なんと、ツィスカリーゼが2月7日の開会式前にソチで聖火ランナーになるそうです。こちらのイタル・タス通信の記事より。

別の記事によると、メインスタジアムに入る直前の部分を走るとか。確か、バンクーバー五輪の閉会式でもこの人アラーシと一緒に踊ってましたね。

そういえば、2月4日にクラスノダール市でフィーリンも聖火ランナーとして約180m走ったとか。こちらのインターファックスの記事(写真なし)に書かれています。

編み猫8

編み猫黒201401
12月にお誕生日だったお友達のリクエストで、久々に編み猫~。そこのお宅には黒猫ちゃんがいるそうです。そして、こちらの編み猫にもそのおうちの猫ちゃんにあやかって「ピッピ」というお名前をいただきましたよ~。本物のピッピちゃんと仲良くね~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。