QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リャザン州「Kiritsy」

リャザン州「Kiritsy」01
この建物の現物が見たいがために、わざわざモスクワから200キロ離れたリャザンまで列車に乗って行ってきました。本当は2時間半くらいで到着するエクスプレス列車が走っているのですが、チケットが買えなかったために、普通列車に乗るはめに。さすがに3時間40分は長かったです。1冊は読みかけだったとはいえ、乗ってる間に文庫本2冊読了してしまいましたよ。居眠りもしちゃったし。

乗ったのが始発駅(カザン駅)だったので、最初から座れたのですが、座席指定ではないし、椅子は固いし、3人掛けはぎゅうぎゅうだし、更に途中から通路も人でいっぱいになって、切符検査に来た車掌さんも人を押しのけて歩いていました。こういう列車に乗るのは久し振りだったので、ちょっと緊張してしまいました。

リャザンは終点だったので、乗り過ごすこともなく、無事に到着。先に別部隊で車で行っていた知り合いが駅まで迎えに来てくれて、ホテルに到着。リャザンについては、こちらをご覧ください。

リャザン州「Kiritsy」02
こちらはこの邸宅のプライベートな教会だった部分です。

「Kiritsy」という建物は、ロシアのアールヌーボーの建築家、フョードル・シェーフテリが設計し、1883年から1889年に建てられた・P・フォン・デルビスという人のための邸宅です。リャザン市内から、さらに車で1時間くらい行った場所にあります。

リャザン州「Kiritsy」04
ソ連時代に「シンデレラ」の映画を撮影した場所とも言われていますが、さもありなん、という感じの建物です。しかし、現在は小児結核療養所となっており、中を見ることはかないませんでした。

フォン・デルビス家は1860年代にモスクワ・リャザン間の鉄道敷設に尽力したパーヴェル・グリゴ―リエビッチという人がいて、その人の息子のセルゲイ・パーブロビッチがこの地にあった、すでに廃業していた鏡工場のあった場所を買い取り、自分の邸宅を建てました。ここから50キロくらい離れた場所にも、同じシェーフテリの設計した建物が残っているらしいので、いつか見に行けたらいいなと思っています。

リャザン州「Kiritsy」03
結構ボロボロですよね。そして、しっかりいたずら書きが。「I love you Masha」だそうで。誰だよ、お前。

建物の中はかなり改装されてしまっているそうで、殆ど当時のインテリアは残っていないとのこと。残念。外側も、車いすでの出入りに便利なようにスロープが取り付けられていて、かなり変わっているようでした。ちなみに説明をしてくれた方によると、患者は2歳から18歳までの肺結核以外の、骨格系の結核患者や目の結核患者などの治療をしていると言っていました。500人収容できるが、現時点では200人程度が入院しているとのこと。ロシアでも結核患者は少なくなってきているそうです。

リャザン州「Kiritsy」05
敷地内の石橋ですが、苔むしてるどころか、途中が落ちちゃってますね。

本館は修理が施されていたのですが、庭園へ下りる階段は見るも無残な感じ。さらに、敷地内の橋や門なども、レンガがむき出しで、近寄ると危険な状態でした。でも、日本と違って、立ち入り禁止になってないんですよね。不思議。ロシアは事故も全てが自己責任なのか?

リャザン州「Kiritsy」06
これも敷地内の門です。右側の塔は上に登れるのですが、階段が落ちちゃってるところとかあって、非常に危険。日本だったら立ち入り禁止じゃね?と思いましたよ。

たまにモスクワから遠出するのも楽しいです。
スポンサーサイト

初雪?

雪
一瞬、「今の雪だった?」という感じではなく、「あら、雪が降ってるわ」って状態の初雪と思われるものが、昨日26日にモスクワの私の出没地域で確認されました。ビルの4階から地上の写真を撮ったら、こんな感じでした。

これから4月上旬くらいまで、寒いんだよね~。

2012年10月25日ボリショイ劇場本館「白鳥の湖」

白鳥12 01
ボリショイ劇場本館にバレエ「白鳥の湖」を見に行きました。

しか~し、既にシーズンが始まって1か月以上経っているというのに、なんともピリッとしない舞台でした。アラーシも良くなかったし(写真では光る発行体になっちゃったし…)、ルスランは相変わらずのダメダメぶり。ツィスカリーゼにいたっては、「お前、踊る気あるのか?」的な流し方。まあ、今は踊ることよりも、教えたり、法律の勉強をする方が面白いと言ってるからね~。しょうがないのかもしれませんが。

白鳥12 02
一応お花をもらった時のツィスカリーゼの写真も載せておきます。

10月25日の主なキャスト

オデット/オディーリア:マリア・アラーシ
ジークフリード王子:ルスラン・スクワルツォフ
悪の天才:ニコライ・ツィスカリーゼ

カザフスタン土産

りんご
この写真のリンゴ大きいですよねえ。隣に読んでた文庫本を並べてみました。このリンゴ、カザフスタンに出張に行っていた知り合いからいただきました。お味の方は、特別なこともなく、普通のリンゴでしたよ。

Cafe Bublik

Cafe Bublik03
モスクワで流行りのレストランなどを展開しているGinza Projectが、新しいカフェ「ブーブリク」を開店しました。良い感じの店内です。地下鉄プーシキンスカヤから徒歩10分くらい、並木道通りをアルバートの方向に歩いたところにあります。

Cafe Bublik05
この店のオーナーはクセーニヤ・サプチャクと言って、セレブな人として有名です。父親は元サンクト・ペテルブルグ市長(既に故人)で、元プーチンの上司。本人はTV司会者として今の地位を築きました。見た目もかなり華やかな感じの人で、「ロシアのパリス・ヒルトン」とも呼ばれているとか。ケーキもおいしそうですね。パンのお持ち帰りもOKです。

Cafe Bublik01
ブーブリクというのは、ロシアのリング状のパンですが、結構固いです。ここはいわゆるロシア料理の軽食カフェ、という位置付でしょうか。気軽に入れるお値段です。こちらはマッツォーニというグルジアのヨーグルト。蜂蜜かジャムを選んでかけてもらうことができます。この写真の物はジャムがかかってます。

Cafe Bublik02
こちらは私が食べたエッグ・ベネディクト。ちょっとパン量が少ないかな~とも思いますが、付け合わせのホウレン草が美味しい!

Cafe Bublik04
こちらはお友達が食べたクレープのサーモン添え(ロシアではブリヌィと言います)。

お近くに来た際には、ぜひ試してみてください。

БУБЛИК

г.Москва, ул. Тверской бульвар, д.24
тел: +7(495)629-13-42

2012年10月12日クラシック・コンサート

IMG_3302_20121104205903.jpg
チャイコフスキー・コンサートホールにクラシックのコンサートを聴きに行ってきました。

自分的なメインは、こちらの黒い服で眼鏡をかけたピアニスト、メールニコフ。隣にいるのは、エストニア人の指揮者、アンドレス・ムストネンです。メルニコフは2曲目のベートーベンのピアノ協奏曲第五番「皇帝」を演奏しました。オーケストラは国立オーケストラ「New Russia」です。

当日の演目

1)ギヤ・カンチェーリ「Lingering」
2)ベートーベン/ピアノ協奏曲第五番「皇帝」
(休憩)
3)ブラームス/交響曲一番

1)はグルジア人の作曲家が2012年に作曲した現代音楽でした。ロシア初演とのこと。しかし、映画音楽のような感じで、流れていくだけ。盛り上がりもなく、途中で失礼なことにウトウトと。終わった後に、指揮者が楽譜を抱きしめるようにしていたのが印象的でした。

IMG_3298_20121104205841.jpg
実はメルニコフのコンサートを聴きに行くのは2回目です。前回はピアノの独奏だった…と思うが、記憶が定かではない。すいません。その上、バレエ音楽以外のクラシックの曲に疎いもので(汗)、有名なはずのこの曲も、コンサートに行くまで聞いたことがなかったという。。。本当にすいません。

IMG_3299_20121104205849.jpg
メルニコフさん、前回よりも一回り大きくなったような気がしたのですが、気のせいじゃないですよね?動きが大きくて、片手で弾くところで、空いている手でガッツポーズしてたり、後ろにのめって、第一バイオリンを見たり、ひっきりなしに掌の汗をピアノの上に置いてあるハンカチで拭いたり、とても忙しそうでした。

そして、第一楽章と第二楽章の間で、うっかり拍手をしてしまった観客がいたのですが、舞台の上から人差し指を左右に振って、「ダメダメ、まだ拍手しちゃ」とアピール。結構お茶目?第二楽章と第三楽章は続けて演奏されたので、そんな姿は一回しか見れませんでした。残念。

IMG_3304_20121104205913.jpg
演奏が終わった後は、かなり晴れやかな顔をしていたので、自分的に満足だったのでしょうか。メルニコフさんの弾いている姿を見ていたら、目が離せなくて、この曲の演奏している間は頭もはっきりしておりました。

3)はブラームスの交響曲一番。ごめんなさい。本当にすいません。でも、ここにきて週末の金曜日の夜で、既に3曲目ともなり、体力が続かず、眠い。。。いかん、いかん、という状態に。「結構長いな~、いつ終わるんだろうな~」と思って、なかなか終わらずにイライラ。ごめんなさい。お腹空いてたんです。

終演後はコンサートホールの建物に併設されている、カフェ「チャイコフスキー」でささっとパスタを食べて家路につきました。

Cafe Wolkonsky

ヴォルコンスキー02
高級パン屋と併設されているカフェ・ヴォルコンスキーに行ってきました。おしゃれな店内ですよね。モスクワ市内だけでなく、サンクト・ペテルブルグやウクライナのキエフにもお店があるみたい。私が行ったのは、メトロ・キタイゴーラド近くのマラセイカ通りにあるお店です。モスクワ市内には2012年11月現在で9店舗あるそうです(公式サイトより)。

パン屋としては、ちょっと高いな~と思うのです。というのも、ペストリーなどを3個買って500ルーブル(約1250円)するそうなので、私はここではパンは買えないな~。でも、お茶をするだけだったら、普通のカフェと同じくらいですよ。

ヴォルコンスキー01

ラテを頼んだら、こんな可愛い絵も書いてくれるし。食事をしたこともありますが(普通にサラダとかスープとかパスタが食べられます)、予算的には1000ルーブルから、という感じですかね。お店で売ってるペストリーが店内でも食べられます。

Cafe Wolkonsky

1)Москва, ул. Маросейка, 4 +7 (903) 185 32 91 毎日8時から23時まで
2)Москва, ТЦ "Цветной", 5 этаж. Цветной бульвар, д.15 +7 (963) 754-16-20 毎日10時から22時まで
3)Москва, Кутузовский проспект д. 36 стр. 10 土日休み9時から19時まで
4)Москва, ул. Большая Якиманка, 19 +7 (905) 553-25-54 毎日8時から23時まで
5)Москва, ул. Большая Садовая, 2 +7 (495) 699-36-20 毎日7時半から23時まで
6)Москва, М.О. пос. Жуковка д.69 +7 (963) 754-14-99 毎日8時から22時まで
7)Москва, М.О., д. Сколково, ул. Новая, д. 100, Московская Школа Управления "Сколково" +7 965 124 58 77 日曜休み8時から20時まで
8)Москва, ул. Сретенка, 27/29 +7 (495) 607-19-80 毎日7時半から23時まで
9)Москва, ул. Валовая 26 8 905 506 80 03 月曜日から金曜日まで8時から21時まで、土曜日12時から20時まで、日曜休み

コローメンスコエで購入したカップ

カップ02
コローメンスコエというモスクワの市内ですが、南東部分に広がる広大な自然保護公園に行ってきました。そこの売店で一緒に行ったお友達が購入したカップです。2客あります。

カップ03
こちらは裏側の写真。

カップ04
こちらがもう1客ですね。微妙に絵というか色とか違ってます。

カップ05
可愛いですよね~。

カップ01
公園内の売店には、こんなカップとかも売ってました。

コローメンスコエ

cafe `Ragu`

ラグー02
cafe `Ragu`に行ってきました。もともとはベラルースカヤにあると聞いていたのですが、オリンピースキー・スタジアム(最寄地下鉄駅はプロスペクト・ミーラ)の片隅にレストランが出来たので、行ってみました。この写真はお友達が食べた鶏肉の胸肉のグリルと付け合せのパスタ。

ラグー01
この日、私はあまり胃腸の具合が良くなかったので、キノコのリゾットにしてみました。思ったほどしつこくなくて、美味しかったです。

ラグー03
そして、飲み物はローズティーにしてみました。本当にバラのつぼみが入ってましたよ。ちょっとぼけちゃったけど、証拠写真です。

オリンピースキー店の方では料理学校や調理道具のお店も併設されてます。

cafe `Ragu`

КАФЕ, БАР С ГРИЛЕМ, ШКОЛА, МАГАЗИН
Олимпийский проспект, 16, стр. 5
+7 495 783-04-61, +7 495 724-85-64

КАФЕ
ул. Большая Грузинская, 69
+7 495 662-64-58

スケート・ショウ「マロースカ」のお知らせ

マロースカ
イリヤ・アベルブフとその仲間たちによる新年のアイス・ショー「マロースカ」のポスターを発見。

年末年始にかけて、メガスポルトという、ハディンスコエ・ポーレのスケート場で開催されます。チケットはメガ・スポルトのサイトでも購入可能。出演者はポスターの貌でもある、アレクセイ・ヤグージン、オクサーナ・ドムニナ、マキシム・シャバーリンなど。ドムニナ、引退したんじゃなかったのか。。。競技生活から引退したのか。でも、シャバーリンと一緒に出演するのね~。ちょっと見てみたいかも。

Дворец спорта Мегаспорт
Оставить отзыв
Москва, Ходынский бул., 3
+7 (495) 643-18-25

www.hockey-palace.ru

ムーミン・カフェ

ムーミンカフェ05
日本でも店舗を展開しているという「ムーミン・カフェ」に行ってきました。この日はお友達の誕生日会だったので、事前にサラダなどを予約していました。こちらは「ムーミン・ママのプレート」美味しそうでしょ?

ムーミンカフェ04
これはイカのサラダ4人前。さすがボリュームがありますな。

ムーミンカフェ03
メインはそれぞれが注文。サーモン、おいしそうだな~。

ムーミンカフェ02
これは私が注文した豚肉のはちみつとジンジャーソース添え。お肉が柔らかくて感動。

ムーミン・カフェ

г.Москва ул.Новослободская дом 46.
телефон - 8(499) 973-07-35,
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。