QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンドリス・リエパ50歳記念公演のお知らせ

リエパ
町の中にチケットボックスがたくさんありますが、そのボックスに貼ってあったお知らせの中に、こんなものを発見。アンドリス・リエパの50歳記念公演が11月27日にクレムリン大会宮殿で行われるそうです。

こちらには出演者としては、ニコライ・ツィスカリーゼ、イルゼ・リエパ(アンドリスの妹)が書かれています。詳しい情報を探したら、第一部はガラで、第二部は「シェヘラザード」全幕。こちらに王様役でアンドリス自身も出演予定だそうです。

興味のある方は是非どうぞ。

クレムリン大会宮殿の公式サイト
スポンサーサイト

Cafe Jan-Jack

ジャンジャック01
フレンチカフェ「ジャン・ジャック」に行ってきました。こちらも市内中心部に6か所お店があります。私は2か所だけ行ったことがありますが、どちらも雰囲気がよく、おいしいご飯がいただけました。ただし、メニューがロシア語とフランス語しかないのが問題ですね。

ジャンジャック04
こちらはまぐろのあぶり(?)黒ゴマ付き。手前のソースよりも、醤油をつけて食べたかった(笑)。付け合わせはほうれん草です。

ジャンジャック05
同行者が頼んだのはこれ。えーっと、このチーズの中に白身魚の切り身とマッシュポテトが隠されてるんですよ。それなのに、付け合わせに、さらにお芋を頼んだのはこの人です。

ジャンジャック03
こちらは私が頼んだリンゴのタルト・タタンのバニラ・アイスクリーム添え。リンゴも大きいですが、何と言ってもケーキ生地がすごく柔らかくて、美味しい!リピーターになりそうです。

ジャンジャック02
こちらは同行者の頼んだチョコレートスフレ?こっちもお試しで食べさせてもらいましたが、おいしかったです。

他にもフレンチ・カフェでは定番のクロック・ムッシュとかクロック・マダムとかもあって(ハムチーズサンドのフレンチ版?)、朝食に別メニューがあったり、時間帯を変えて何度も訪れたくなるカフェでした。

Cafe Jan-Jack

Кафе «Жан-Жак» Цветной б-р. д. 24. кор.1
тел. +7(495)608-58-10

Кафе «Жан-Жак» Никитский б-р д. 12
тел. +7(495)690-38-86

Кафе «Жан-Жак» м. Таганcкая,
ул. Верхняя Радищевская, д. 15, стр. 2
тел. - 9151078

Кафе «Жан-Жак» м. Парк Культуры,
ул. Льва Толстого, д. 18 Б. +7(495)6691627

Кафе «Жан-Жак» Лубянский пр-д, д.25, стр 2
тел: +7(925)299-92-60

Кафе «Жан-Жак» м. Китай-Город,
ул. Маросейка, 15
тел. - +7(967) 139-66-64

ニコライ・ツィスカリーゼが大学院生に!


Раздел: Телепроекты
Выпуск от 22 сентября

Николай Цискаридзе решил стать адвокатом

22.09.2012

Николай Цискаридзе успешно сдал экзамены на общих правах и поступил на факультет юриспруденции Московской государственной юридической академии Подробнее »



こちらの第一チャンネルのニュースで、「ニコライ・ツィスカリーゼは弁護士になることに決めた」と報道されました(写真の横の青い太文字ををクリックすると、第一チャンネルのページに飛んで、彼のインタビュー映像も見れます。映像は4分程度でおしめの宣伝が出てきたらお終いです。そのまま見続けると、どんどん別のニュースが出てきちゃいます。)。実際には、法学部の大学院生コースに入学したとか。2年半勉強するそうです。2足のわらじならぬ、4足のわらじ?(ダンサー、レッスン教師、年金受給者、そして学生)頑張ってほしいものです。

…しかし、インタビュー映像のニコライ、おっさんだなあ。。。38歳だもんね。しょうがないか。そして、そこに出てきたヴォロチコワのデブなことと言ったら!びっくりしましたよ。貫禄、なんてもんじゃないです。一体今は何してるんでしょうか。この体型じゃ踊れないしね~。(アンドリエンコも出てましたが、彼女はまだ現役で踊ってるだけあって、スマートでございました)

9月21日ボリショイ劇場本館バレエ「ジュエルズ」

ジュエルズ9月02
新シーズンがバレエは「ドンキ」で明けたボリショイ劇場ですが(本当はその前に既にオペラが上演されてました)、私のシーズンオープンはバレエ「ジュエルズ」でした。

またしても、お友達から「チケットあるけど行く~?」とお声がかかったので、急に行くことになりました。ラッキー♪

ちょっと前に座っていたお姉さんが大柄で、さらには拍手の仕方がおおげさだったため、写真を撮るのに邪魔だったんだよね~。おかげさまで「ルビー」の写真しか撮れなかったわ~。

写真は「ルビー」で真ん中を踊ったメルクーリエフとシタシケービッチ。この2人が一緒に踊ったのを見たのは初めてでしたが、以外に違和感なかったですね。メルクーリエフはちょっと覇気がない感じの踊りだったのですが、お疲れだったのでしょうか。いつもの彼の「ルビー」のはじける感じが不足していました。残念。

中華レストラン「ドルージュバ」

ドルージュバ02
この赤い料理、凄いでしょ?これがここ、「ドルージュバ」で、辛い物が苦手なのにも関わらず、食べたくなる「水煮肉片」というお料理です。白菜と豚肉を辛いスープで煮たものなんですが、ご飯にかけて食べると、超旨い!お勧め!!ただし、量が半端じゃないので、大人数で行った時にしか食べれないのが玉に瑕。

というよりも、このレストラン、それぞれのポーションが多めなので、最低でも3人で行かないと厳しいです。そして、3人だったら3品目頼んだら、もうお腹いっぱいな感じ。

理想は5-10人くらいですかね。個室も取れますが、別料金がかかるとか。ロシア語がしゃべれるウェイターさんが限られているのも、ちょっと問題。日本人が行くと、最初に中国語で声をかけられたりします。

ドルージュバ01
それと、この前行った時は、友達がこのビールを頼みました。「北京」と書いてありますね。アサヒビールと提携して作っているらしいのですが、ビール飲みの友人いわく、「味が薄い」とのこと。興味のある方は、ウェイターさんに聞いてみてください。

他にも、肉団子、白菜のくたくた煮、レタスの煮たもの、青梗菜の煮たもの等など、お野菜いっぱい、美味しいもの一杯です。

メトロ・ノヴォスラボツカヤ出てすぐのショッピングセンター「ドルージュバ」の中にあります。

中華料理レストラン「ドルージュバ」

電話番号:(499) 973 12 34,
住所:Новослободская, 4, ТЦ «Дружба»
м. Новослободская, Менделеевская
営業時間 11.00–23.00
現金のみ。クレジットカード使用不可

実りの秋

りんご
このリンゴは、おうちの近くに生えている木に普通に生っていたものです。ロシアってすごいでしょ?住宅地でリンゴが採れちゃうんだよ!

たまに自動車道路わきに植わっているリンゴの木から落ちたリンゴを、おばあちゃんとかが拾ってると、「排気ガスで大きくなってるからおいしくないよ」と言いたくなりますが…。

レストラン「DED PIKHTO」

DED01
photo by さかっち

前回の記事で書いたように、モスクワのお友達が集まって、お誕生日を祝ってくれました。ここ、レストラン「DED PIKHTO」(ジェッド・ピフト)です。

DED02
内装はカントリー風?というか、女性が好みそうな感じで、何故かこの壁の飾りが猫でございます。

DED03
窓辺にも、ほら、こんな感じで猫が飾ってありました。でも、レストランの入り口入ったところには鳥かごが吊ってあって、生きた小鳥が2羽入っておりましたよ。

DED04
女性が好みそうな内装の割には、おっきいおっちゃんが2人で来てたりとか。

DED05
肝心のお料理は、ロシア料理と、その他ヨーロッパ料理がありました。こちらはチキンのシーザーサラダ。結構ポーションが大きくて、これだけでお腹が一杯になるんじゃないかと思ったくらい。

DED06
私はメインにこちらのビーフストロガノフをいただきました。付け合せのきゅうりのピクルスがおいしかった~。

DED07
そして、この店で特筆すべきは、こちらのサモワールで頂く、ロシアのハーブティーセット。砂糖以外に、ハチミツ、ジャム、練乳なども付いてきます。もしも、このお店にいらっしゃったら、試してみてください!お勧めです!!

レストラン「DED PIKHTO」

Москва, ул. Мясницкая, 37, стр. 3
平均価格:1500—2500 ルーブル
09:00~00:00 (月-金), 10:00~00:00 (土日)
席予約電話番号8-495-921-2222

お誕生日その2

誕生日01
前の週にお誕生日だったので、モスクワのお友達が集まってお祝いしてくれました。このピンクのスプレーバラの花束、かわいいでしょ?皆でプレゼントしてくれました。

誕生日02
あと、こちらのお布団カバーと敷布もプレゼントで頂きました。ありがと~。前から持ってた枕カバーに何故か合ってるね!良い夢見せてもらってます。

モスクワの地下鉄の自動販売機

メトロ
これ、最近導入された、モスクワの地下鉄のチケット販売の自動販売機です。

何が画期的かというと、右側に4つ縦に並んでいるボタンの一番下を押すと英語表示になるんですよ!地下鉄の中で、駅名や「出口」すら英語表記がないのに、すごい画期的でしょ?

でも、この機械では1回券か2回券しか買えないそうです。それ以外の5回券とか10回券、20回券などは窓口のおばちゃんところで買わないといけないんですね。私は大抵20回券を買っているので、この自動販売機は使ったことがないのでした。

誕生日

cake
ロシアでは自分の誕生日に職場にケーキを持って行く習慣があります。

この写真のケーキは、今年の誕生日に私が持って行ったケーキです。いやいや、大きくて持って行くのが大変だったわ。

ステーキハウス「Goodman」

GOODMAN03
お誕生日だったので、昼から友達とビジネスランチを食べにステーキハウス「Goodman」に行ってきました。写真は予約席に置いてあった牛。

GOODMAN01
私が選んだのは、サーモンのサラダとキチンのシュニッツェル(だったと思う)。シーザーサラダのサーモン入り、美味しかった!

GOODMAN02
お皿からはみ出てた感が出てますでしょうか?

夜は結構高いお店ですが、ビジネスランチはそれなりにお値打ちです。

サラダとメインと飲み物で590ルーブルでございました。

モスクワとノヴォシビルスクとロンドンとチューリッヒにお店があるそうです。

http://goodman.ru/

モスクワ市の日

モスクワ市の日
毎年9月の最初の土日は「モスクワ市の日」というお祭りがあります。まあ、東京の「都民の日」みたいなもの?ロシアの文献に初めてモスクワが登場してから、今年は865年目らしいです。昼間はトヴェルスカヤ通りなどを通行止めにして、色々なイベントも行われていたようです。毎年夜には赤の広場で花火が上げられてます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。