QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボリショイ劇場新館バレエ「明るい小川」

明るい小川

4月29日にボリショイ劇場新館でバレエ「明るい小川」を見てきました。このバレエは2008
年の日本公演でも上演されたので、ご存知の方は多いと思います。

この日はIPアドレスがロシアの人はYou Tubeでご覧になれたそうです。ボリショイでは、
最近こういう形でネットで見れる公演が増えています。

いやー、楽しかった。そして、初演の時からバレリーナ役を踊っているアレクサンドロワ、
地でやってます?っていうくらいなりきってました。ピョートル役のロブーヒン、髪型が
いけてなかった。まあ、いけてない役なんで、よかったのかも?

この日の主な配役は以下の通り。

ジーナ:スヴェトラーナ・ルンキナ
ピョートル:ミハイル・ロブーヒン
バレリーナ:マリア・アレクサンドロワ
クラシック・ダンサー:ルスラン・スクワルツォフ

スポンサーサイト

春!

春

いやあ、モスクワもすっかり春!です。今日は20℃超え。
そこら辺ではタンクトップや生足のお姉さんたちがサンダルで
闊歩してます。

ロシアもこの週末から3連休(春の祝日。いわゆるメーデー)。
来週末も4日間連休です(大統領就任式と戦勝記念日)。

ロシアからの郵便物

ロシアの郵便物

この写真、何だと思います?実はこれ、ロシアからの日本への郵便小包なんです。
ロシアは、中身が分かる状態で郵便局に持ち込むと、梱包は郵便局の人がやって
くれることになってまして。

今回は、1.6キロの荷物を持ちこんだら、こんなガムテープでぐるぐる巻きに。。。
日本で受け取る人がびっくりするよな~。

ボリショイ劇場本館バレエ「ロミオとジュリエット」4月21日(昼公演)

ロミジュリ

ボリショイ劇場本館にバレエ「ロミオとジュリエット」を見に行きました。
以前にこの演目はニクーリナとヴォルチコフの主演で見たことが
あったのですが、カプツォーワで見たかったので、知り合いの方に
誘って頂いたので、喜んでご一緒しました。

ちょっと舞台左側が見えにくかったのですが(ロミオが死ぬところが
見えなかった。。。)、カプツォーワの演技が素晴らしかったです。

ロミオ役のオフチャレンコも頑張ってました。が、私的には、ちょっと
おサル顔が苦手でして。マスクを取っても、あの顔で恋に落ちれる
カプツォーワ@ジュリエットってすごいなあ。

あともう一人、この公演でパリス役をデビューした、この人にも注目してました。
Rod'kin

初役でここまで踊れれば大したものです(一回ちょっと着地で冷っと
しましたが)。けいちかお勧めのコールドさんです。

本日の主要キャスト
ジュリエット:ニーナ・カプツォーワ
ロミオ:アルチョーム・オフチャレンコ
ティボルト:ユーリー・バラーノフ
マキューシオ:アンドレイ・ボローチン
パリス:デニス・ローチキン

ロシア雑貨「塩胡椒入れ」

塩胡椒入れ01

こちらはロシアのお土産屋さんで見つけた塩胡椒入れです。3個あるうちの
1個はマスタード入れのようです。

マトリョーシカのような素朴な味わいですよね。

塩胡椒入れ03

こちらは後姿。

塩胡椒入れ02

開けるとこんな感じです。

興味を持たれた方、メールでご相談くださいね。

ボリショイ本館バレエ「くるみ割り人形」

くるみ02

4月14日にボリショイの本館でバレエ「くるみ割り人形」を見てきました。
普通は12月と1月にしか上演されないこの演目ですが、この日だけ
昼公演と夜公演が「くるみ」でした。直前になって回ってきた「よく
見えない席」だっただけに、舞台を見るのも一苦労でしたが、久し振りに
くるみの世界に浸れて良かったです。

くるみ01

配役は以下の通り

くるみ割りの王子:ニコライ・ツィスカリーゼ
マーシャ:アンジェリーナ・ヴォロンツォーワ
ネズミの王様:ヴィタリー・ビクテミーロフ
ドロッセル・マイヤー:アンドレイ・メルクーリエフ

前の席のお姉さんが、何かあると立ち上がって拍手をしたので、
写真を撮るのに一苦労。主役の2名以外は上手く撮れませんでした。
あしからず。

イースター(復活祭)のカード

復活祭カード1

ロシア正教では今年は4月15日(日)がイースター(復活祭)です。毎年、イースターには、カードの交換をしたり、色のついた卵をプレゼントしたりする習慣があるそうです。

この写真はイースター用のカードです。それぞれ趣があって良いですよね?普通は郵便局の窓口で格安の値段で売られていますが、封筒は別売りです。

復活祭カード2

カードの中身はこんな感じ。キリストが復活された喜びが綴られています。

ガラ「リエパの夕べ」

リエパ・ガラ

こちらは12日(木)にボリショイ本館で行われるガラ「マリウス・リエパの夕べ」の
宣伝です。この公演はボリショイの主催ではなく、リエパ・フォンドの主催です。

出演者のところには、マニュエリ・ルグリ、イルゼ・リエパ、ミハイル・ロブーヒン、
スヴェトラーナ・ルンキナ、アナスタシア・マトヴィエンコ、デニス・マトヴィエンコ、
イヴゲーニヤ・オブラスツォーワ、ニコライ・ツィスカリーゼ、セミョーン・チュージン、
ウラジーミル・シクリャロフ、マリヤ・セミニャチェンコ、ゲオルギー・スミレフスキー
などの名前が見えます。

残念ながら、私はこのガラは見に行かないのですが、どなたかご覧になった
方がいらっしゃったら、是非感想をお聞きしたいです。

ロシア雑貨「刺しゅう入りハンカチ」

ハンカチ

雑貨ではないかもしれないけど、今回のお勧め品はロシアのリネンのお店で購入可能な
キリル文字の刺しゅう入りハンカチです。写真をご覧になるとお分かりになりますが、
とても可愛いし、日本では独創的でもあります。文字とその周りの刺しゅうの色は
何パターンかあるので、なるべく希望の色を探すことも可能です。写真は右から「Yu」
「K」「A」です。

それぞれの刺繍部分の拡大図はこちら。

ハンカチK
「K」です。

ハンカチYu
「Yu」です。

ハンカチA
「A」です。

興味をお持ちになったかた、e-mailにてお問い合わせください。

4月

4月

やっと日中の気温がプラスになってきました。しかし、そうなると、今度は道が水たまりに
なります。この写真のように。

天気がいいのに、長靴が欲しい季節です。

朝マック新メニュー

マクドナルド

これは言わずと知れたマクドナルドの宣伝です。朝マックの新メニュー
「ビッグ・ブレックファースト・ロール」。オムレツやベーコン、さらには
ハッシュドポテトが一つになってます。

ただし、朝10時までのメニューなので、いまだに試せていません。
一回試してみたいなあ。

ナッチョ・ドゥアト/トリプル・ビル

ドゥアト

ゴールデン・マスクにノミネートされてる作品が上演されるとのことで、ダンチェンコ劇場に
ペテルブルグのミハイロフスキー劇場バレエ団によるナッチョ・ドゥアトの次の3作品を見に
行きました。

「Duende」
「Nunc Dimittis」
「Prelude」

もともと現代ものは苦手なので、期待はしていなかったけれど、1作目は照明の暗い舞台と
繰り返される同じ動作、静かなドゥビッシーの音楽で沈没。2作目は群舞の女性のドレスが
長くなり、以前にダンチェンコで見た同じドゥアトの作品を彷彿とさせる動きで、とりあえず
意識キープ。3作目は一人だけ衣装が違うサラファーノフの短いパンツに目が吸い寄せられ。。。

ぺレンとサラファーノフの2人の動きは良かったです。群舞の女性のスカートをひらひら
させる動きは別の作品でもよく見かけたかな。

最後にドゥアト本人も舞台に上がったけど、端っこすぎて写真に写らなくて、残念。
照明も暗かったし。でも、この作品がゴールデン・マスク賞のベスト・バレエ賞を
取るとしたら、私の感性がおかしいのかも。

エイプリルフール

エイプリルフール

この写真、4月1日に車に乗ってたところ、モスクワ市内の路駐車がこんなことに
なってました、という写真です。車についているのは、唇の形のポストイット。

つけられた車の持ち主も大変だけど、付けた人も大変だっただろうなあ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。