QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グジェリ作家ガラーニンさん

グジェリ
皆さんはグジェリというロシアの陶器をご存じでしょうか。白地に青が一般的ですが、それに金色を付けたりもします。お皿とか、カップ、ポットなどをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。この写真はお菓子を入れたり、ジャムを入れたりするもの、だと思われます。

今回はグジェリ村のグジェリ工場の中に、ロシアの民話シリーズの作者として有名な、ユーリィ・ガラーニンさんをお尋ねしました。

ガラーニン01
後ろのレーニンの写真やヌードなお尻とか、こだわりがありそうなご自身の工房で。窓際に製作途中の作品も見えます(白い物体)。ちょっと恥ずかしそうですね。1955年生まれで、趣味はロックとダイビングだそうで。

ガラーニン03
この「ロシアのドリトル先生」と言われる「ドクトル・アイボリット」ロシア編も彼の作品です(ライトの関係で写真が黄色くなっちゃったよ)。実はこのシリーズ、アフリカ編もあります。そっちは動物の種類が違います。

ガラーニン04
こちらは日本でも人気のチェブラーシカシリーズです。

ガラーニン02
これは民話「大きなカブ」皆で引っ張ってますね!

こちらのロシアのページで、彼の作品を販売しているようですが、私は利用したことがないので、ご利用になられても、責任は負いませんので悪しからず。単に、作品を見るページとして利用してもいいかも。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。