QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫が糖尿病になりまして

ニカ
うちの愛猫ニカですが、年末には14歳になろうという老猫なんですが、なんとここにきて、糖尿病の診断がくだされてしまいました。9月半ばに、今まで以上に猫トイレ砂が減ってて、やたら水を飲むし、食べる量が増えてるなあと思い、思い切って獣医さんに連れて行ってみたところ、血液検査&尿検査でばっちりと糖が出ましてですね。

早速インスリン注射を1日2回、朝と夜の7時に打つ生活となりました。しかも、インスリン打つ前に、耳から採血して血糖値も測らなくちゃいけないんですよ。ははは~、どうしよう…。

しばらくヘロヘロな生活が続く予感。まずはダイエットだな、ニカ。
スポンサーサイト

猫カフェ行ってきました!

入り口
モスクワで初!の猫カフェに行ってきました。開店は今年の4月だそうです。

ふちは枕か
我々が行ったのは平日の19時で、お客さんもほとんどいなかったので、猫の方が数が多かったみたいです。スタッフの人に、日本人か確認され、日本の猫カフェについて語ってくれと言われたのですが、何と言っても、猫カフェ自体初めて行ったので、申し訳ないけど語れませんでした…。

三毛ゾーヤ
日本の猫カフェに行ったことがないので比較できないのですが、事前にネットで予約を入れて(最初に電話したら、ネットで予約を入れてくれと言われました)、その時間に行くと、まずは靴を脱いで、室内履きに履き替えます。その後、手を殺菌して、そこからはめくるめく猫様タイムです(笑)。

爪とぎ中
寝てるだけの猫もいれば、活発に遊んでくれる猫もいて、面白かったです。

肉球
スタッフさんに伺ったところ、ここの猫たちは猫保護ファンドの猫たちを2か月間の期限付きで借りているとのこと。その間に、気に入って引き取られていく猫もいます。来て1週間もしないうちに、おうちの見つかった猫も居たそうです。日本ほど引取り側に対する条件が厳しくないのかもしれません。

タビー
6月になったら、また猫が全員入れ替わるそうなので、また行こうかな。

お茶
そうそう、お飲み物とクッキーなどの軽食は無料です。

しかし、後日ロシア人の同僚に猫カフェに行った、と言ったら、道端の猫とだって交流できるのに、何をわざわざお金払って猫と交流しに行かなきゃいけないんだと言われてしまいました。外猫は汚いし~、触らせてくれないし~、全然そういうのが分かってない!お金払ってまで猫と遊びたくない人は来なきゃいいんですよ。ぷんぷん。ま、この同僚ロシア人は日本からのお土産をあげても、これもう持ってる、とか言うような人なんで、あんまり気にしないけど。

猫カフェ「kotocafe」 http://kotocafe.ru/
住所:Садовая-самотечная, дом 6, строение 1, офис 5
電話番号: +7495 699 73 83
ネットでの事前予約必須。サイトに英語バージョン有。
営業時間:10:00-22:00
平日は1分間6ルーブル、週末は7ルーブル。午前中は割引あり。5回以上来店した人にはメンバーズカード(割引カード)進呈。


ニカ猫 元気です

IMG_5742
うちのお風呂にお湯溜めてた時に「にゃー!にゃー!!」って煩かったので、写真を撮ってみた。うちのお風呂は縦幅が短くて、座れるように段々になってます。その段のところに陣取って煩い、煩い(笑)。お湯が足元に来た途端、逃げ出してましたよん。もう12歳半になりました。爺さんじゃな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。