QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月4日風刺劇場シェイクスピア「じゃじゃ馬ならし」

じゃじゃ馬2015May
よくよく考えてみたら、去年も5月に同じ舞台を見ていたのだった。でも、見るたびに新しい発見がありますね~。ドラマ劇場もたまにはいいかな、と思いました。今回は、ドラマ劇場デビューのお友達と一緒に行きました。なかなか言葉の聞き取りが難しいので大変だったみたいですが、あらすじを知っているのと、動きで見せる部分で十分楽しんでくれたようでした。良かった、良かった。

しかしね、劇場に到着したら、自分の席に人が座っておりまして。チケットを見せたら、「あら、あなたの席ね、わかったわ」とどいてくれたんですが。しばらくして、左側の席の人もどかされ、右の席も他人が座っておりましたよ。おいおい、ロシア人ども、自分の席に座れや~と思っていたら、前の席のおばちゃんも開演直前にどかされておりましたとさ(爆
スポンサーサイト

5月19日風刺劇場「じゃじゃ馬馴らし」

風刺劇場02
たまには普通の演劇でも見ようかなと思って、風刺劇場で上演されているシェークスピアの戯曲「じゃじゃ馬馴らし」を見に行きました。このチケット、実は5月4日の物を購入したのですが、当日開演前に劇場に行ったところ、入口に「俳優XXXXの病気により、上演演目を「○○○○」に変更します」と書かれた紙が貼ってありました。チケットもぎりのおばちゃんに確認したら、チケットの払い戻しが可能ということだったので、日にちを変更してもらいました。しかし、当日いきなり演目変更とは…。誰か変更になった演目を見た人もいるんだろうか。チケット窓口は長蛇の列になってたけどね。

劇自体は大変面白かったです。「じゃじゃ馬馴らし」のあらすじはこちらをご覧ください。っつか、劇中劇の部分しか上演されてなかったけど。コスチュームプレイでしたが、装置などは簡素化されていて、舞台が回ってました。前にマールイ劇場で「検察官」を見た時も舞台が回ってたな。

風刺劇場01
この劇場の「じゃじゃ馬馴らし」、ロシア語が今ほど分からなかった頃に一度見てるんですよ。ストーリーを知ってたら、そこまでロシア語が分からなくても面白いかなと思ったのですが、きつかった。そして、今回、少しはロシア語の理解力が上がってるから、どうかな、と思ったのですが、劇自体は面白かったのですが、カテリーナ役の女優さんが結構お年かな~とか、変なところに気が回ってしまって、劇自体を楽しめなかったというか。写真の真ん中がカテリーナ役の女優さん、左はその妹ビアンカ役の女優さん、右は元ビアンカの求婚者の結婚した相手役の女優さん(この女優さんが一番老けてて違和感ありあり)。しかし、ロシア語は難しいです。でも、また別の演劇を見に行こうかな。

2013年3月5日マールィ劇場(演劇)「検察官」

マールイ02
ボリショイ劇場道を挟んで隣にあるマールィ劇場に演劇のゴーゴリ原作「検察官」を見に行ってきました。

マールイ01
マールィ劇場にはずいぶん昔に一回行ったことがあったはずなんですが、全く覚えてませんで。立派なブッフェがありましたよ。

「検察官」は19世紀前半に活躍したウクライナ出身のゴーゴリが書いた5幕の戯曲。

あらすじ

首都から行政の検察官がお忍びでやってくる、しかも密命を帯びて、という噂に田舎町の「名士」たちは大慌て。市長も学長も判事も郵便局長も…皆それぞれに叩けばホコリの出る連中だ。賭けで無一文になってこの町にやってきた軽薄な青年フレスタコーフを検察官の忍びの姿と勘違いした町の名士たちは、あの手この手で買収にかかる。お金を散々巻き上げたフレスタコーフが、更に市長の妻と娘にちょっかいを出して、その後姿をくらますと、そこに本物の検察官がやってくる…。

官僚主義の横行している社会をシニカルな笑いで批判し、笑える「悲劇」を演出。しかし、2回休憩を挟んでの3幕5場にしたてあげてたけど、1幕目が1時間45分間もあり、終演は22時45分。結構疲れました。合計2時間以上集中してロシア語を聞くのは辛いです(笑)。

でも、本当にロシアの演劇劇場の人たちはみんなが素晴らしいです。基本、俳優女優さんたちはTVや映画で活躍していても、基本は劇場での演劇がベースなので、皆さんどこかの劇場に所属しているんですよね。この日の劇にも、判事役で有名なTVドラマに出演している俳優が出ていました。

舞台が回るようになっていて、舞台が回ることによって、それぞれ4つの場面が瞬時にして変わるようになっていて、よくできているなあと思いました。

マールイ03
市長の奥さんは顔が大きかった。そして、なぜか郵便局長はおかまっぽかった。フリスタコフ役の俳優の顔を見て、一緒に行った友人が「マラーホフに似てない?っていうか森進一?」って言ったので、ドラマ進行中に大笑いをしそうになりましたよ。

誘ってくれたA様、ありがとうございました!とってもためになったし、楽しかったです。ちょっと長くて疲れたけど、また何か面白そうな演劇、あったら見に行きましょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。